FlashBack 変更履歴

新機能と改良点を見る

v5.49 :2020年12月

  • 修正: 変換された動画ファイルは、録画ウィンドウに 0:00 のデュレーションが表示されることがありました。
  • 修正しました。アプリ起動時にレコーダーのユーザーインターフェースが完全に表示されないことがある。
  • 修正: 設定ファイルへのパスに非 ASCII Unicode 文字が含まれていた場合のバッチエクスポートでのエラーを修正した。
  • 修正:すでにリージョンまたはウィンドウ録画のユーザーインターフェイスにある場合にホットキーを押して録画を開始することで発生した問題。
  • Tweak:FlashBack は、パフォーマンスの問題や GDI モードによる大きな FBR ファイルを避けるために、'mpeg' レコードモードのみを使用するようになりました。
  • 修正: [既定の PC スピーカー] の音源が自動的に誤って選択されていた問題を修正しました。  

v5.48 :2020年10月

  • ツイーク:ウェブカムオンリーの録音時FlashBack 音声トラックは1つしか録音できないので、マイクを優先して録音し、空いていればPCサウンド、ASIO。
  • 修正: ユーザーがカスタム Temp フォルダをFlashBack がアクセスできないフォルダに設定した場合、エクスポートに失敗したり、他の操作に失敗したりするのではなく、FlashBack はデフォルトのシステム temp フォルダを代わりに使用するようになりました。
  • コマンドラインインターフェイスを使用しているときに録画を開始できなかったのを修正した。
  • 修正: ユーザーが2回目のRecorderセッションを開始し、インストール可能なアップデートを検出した場合の処理を改善しました。
  • 修正:FlashBack で Chromacam のバーチャルウェブカメラの使用に失敗することがありました。

v5.47 : 2020年9月

  • 修正: .NET Framework がFlashBack インストールされていない PC から問題レポートが送信されないことがありました。
  • 修正: 複数のウェブカメラが接続されていて、デフォルトでないものが選択されている場合、FB はデフォルトでないカムを選択されたまま表示し、以前に選択されたデフォルトのカムから録画することがありました。
  • 修正: ChromaCam AVS をウェブカメラとして使用すると、設定ダイアログが表示されたときにFlashBack ロックされることがありました。
  • 修正:Webカメラ+マイクで録音した後、PCの音が出ない、同じ設定で別の録音をするとWebカメラが録音されないという問題を修正しました。
  • 修正: コード署名証明書の有効期限が切れていたため、Chrome からのダウンロード時に警告が表示されていた。

v5.46 : 2020年8月

  • 修正しました。プレイヤーのDirectXレンダリングモードでは、一部のPCでクラッシュが発生したり、オブジェクトがレンダリングされなかったりすることがありました。これは、100% 以外のスケーリング値を選択したり、ズーム効果を使用したりすると発生します。
  • AVIをピクチャーインピクチャー/ウェブカムビデオにインポートする際に「ソースフレームをミラーする」オプションを追加しました。
  • 修正: レコーダーの設定ウィンドウが高すぎると表示されることがありました。
  • 修正:RecorderからEditor/Playerでムービーを開くことができない問題を修正しました。
  • インストーラを簡素化し、いくつかのステップを削除しました。
  • Webカメラ関連の各種修正。
  • 様々な小さな修正。

v5.45 :2020年6月

  • エクスポート時の音声品質を向上させました。
  • サイトライセンスユーザーのFlashBack Connectアカウントの取り扱いを改善しました。
  • バッチエクスポータの 'Add Files' ウィンドウのスタイルを .NET Framework のFlashBack 残りの部分と一貫性のあるものにしました。
  • これで、Connect のFlashBack 月間帯域幅クォータがどれだけ使われたかがわかります。
  • オーディオとビデオが非同期になることがある問題を修正しました。
  • 修正:録画を破棄して、同じ設定で録画を再開すると、すぐに録画が再開されないという問題を修正しました。
  • 再起動を必要とするWindows DPIの問題に関する警告を無視するオプションを追加しました。
  • 修正: ムービーを保存する際に、ズーム効果が誤った位置に移動してしまうことがありました。
  • ムービーの最後にズーム効果を拡張するオプションを追加しました。
  • ライセンスに関するヘルプを改善しました。
  • 修正しました。メインのレコーダーウィンドウを表示しているモニターとは異なるモニターにレコーダーが表示されることがwindows ありました。
  • 修正。レコーダーのダイアログ。フルスクリーン、地域選択、ウィンドウ選択が高Windows 倍率を使用している PC で改善された。
  • 修正: タイトルでズーム効果が作成されることがあった。
  • 高Windows スケーリングを使用している PC でのプレイヤー音量スライダーの動作を改善した。

v5.44 : 2020年4月

  • 修正: 開始タイトルや終了タイトルを追加するとクラッシュすることがあった。
  • 修正: アップデート後に再起動すると、アップデート中に使用していたファイルが削除されてしまうことがあった。
  • 修正: Player のサウンド録音機能を複数回使用した場合にエラーが発生していた問題を修正した。
  • 修正: サイズ変更時に一部の稀な画像がクラッシュすることがあった。

v5.43 : 2020年4月

  • 修正: ASIO オーディオソースを録音すると、他のオーディオソースが録音されないようにしていました。
  • 修正: ムービーに参加する際の様々な修正。
  • 修正: キャンセルされたライセンスを検出すると、ユーザーに変更する機会を与える代わりに、アプリケーションがすぐに閉じてしまうことがありました。
  • 修正: アプリケーションが YouTube の毎日のアップロード枠を超えるとクラッシュすることがありました。
  • 修正: 100% 以上のスケーリングで実行している場合、再生中にプレーヤーのタイムラインスクロールが壊れてしまうことがあった。
  • 修正: キーボードとマウスのクリック音が正しくエクスポートされないことがありました。
  • レコーダーのユーザーインターフェースの改善。
  • プレーヤーのズームとクロップ効果の簡素化。
  • プレーヤーのユーザーインターフェースの改善。


v5.42 : 2020年2月

  • 修正: 非常に長いパス名でファイルを開くときにエラーが発生しました。
  • 高 DPI PC のプレーヤー ユーザー インターフェイスの外観改善。
  • 修正: 非標準 DPI セットを持つ PC でエラーが発生しました。
  • 修正: エラーは、次の時にアップグレードによって発生しました FlashBack  が正しく閉じられていない。
  • ヘルプ メニューが簡略化されました。
  • Web カメラのみを記録するオプションがメインレコーダーウィンドウに追加されるようになりました。
  • 修正: レコーダーのフローティング ツールバーが正しく表示されませんでした。 Windows スケーリング > 100%


v5.41 : 2019年11月

  • 修正: スケジュールされた録画を使用した後、設定ウィンドウが正しく表示されませんでした。
  • 修正: サウンドは、他のトラックがミュートされている場合、PCのサウンドトラックからエクスポートされませんでした。
  • 修正: 長いムービーからオーディオをエクスポートする際の問題.
  • 修正:サウンドレコーディングの時々の問題。
  • 修正: 一部の PC (主に AMD GPU) では、"外部" ハイライト オブジェクトがパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。 FlashBack  te デフォルト レンダリング オプション (DirectX) のプレーヤー。デフォルトは「ソフトウェアIPP」に変更されました。
  • 修正: 不定期の画像変更しか行かなかった録音のフレームを削除すると、誤った結果が生じます。
  • Powerpoint にエクスポートするオプションが削除されました, それはもはやいくつかのPCで動作しなかったので (それは、フラッシュを使用しました), サポートすることが非常に困難になっていて、ユーザーの非常に小さな% によって使用されました.
  • 試用版から購入する際の購入プロセスの改善 Pro .
  • アップロード FlashBack  [今すぐ接続] では、同じファイルの以前のアップロードを置き換えるか、新しいムービーを作成するかを選択できます。


v5.39 : 2019年10月

  • 修正: PC のクラッシュによって中断された記録を回復するスタートアップ プロセスのエラー。
  • 使用するオプション FlashBack  DPI 対応 (シャープなテキストとイメージ) モードまたは DPI 対応でない (スケール アップされ、少しぼやけた) モードのプレイヤー。[ツール] - > [プレーヤーのオプション] - > [外観] に移動します。
  • 修正: プロセスのエラー FlashBack  は、録音を最適化する機能を提供します(GDIモードFBRファイルをMPEGモードに変換します)。
  • v5.37 で追加された新しい高性能メソッドは、ポートレート モニターおよび一部の PC でキー キャプチャに問題を引き起こす可能性があるため、「従来の」キャプチャメソッドを使用するオプションを追加します。
  • ラベルとコントロールを非表示にして、すべてのサイズを調整することにより、小さい画面で中央のツールバーの外観が向上します。
  • ファイルのアップロード > 1 Gb を警告する FlashBack  接続には時間がかかる場合があります。


v5.38 : 2019年10月

  • 高い使用の PC でのプレーヤーの外観の向上 Windows スケーリング。
  • 修正: ポートレート形式のモニターが記録されませんでした。
  • 修正: 設定が再起動時に正しく保存されませんでした FlashBack  .


v5.37 : 2019年9月

  • レコーダーのパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • 領域記録ユーザーインターフェイスの改善。
  • Express そして Pro 試用版ユーザーは、オンラインでムービーを共有できるようになりました。 FlashBack  接続。
  • ムービーをアップロードして共有するプロセス FlashBack  接続が簡略化されました。
  • レコーダーのユーザー インターフェイスに変更します。
  • フォントとユーザー インターフェイスの使用時の改善 Windows スケーリング。
  • 修正: 期限切れの試用ライセンスを持つユーザーは、新しい完全なライセンスを入力できませんでした。


v5.36 : 2019年5月

  • 修正: 大きなサイズのムービーは、openh264 コーデックを使用して MP4 形式に正しくエクスポートされませんでした。
  • 修正: 大きなサイズのムービーは、EXE のエクスポートで正しく再生されませんでした。
  • 修正: 期限切れのユーザーが可能でした Pro 新しいライセンス キーを入力できない場合は、トライアル ライセンスを取得します。
  • 修正: 1 つのオーディオ チャンネルのみでムービーをエクスポートする問題。
  • 修正: スケジュールされた録画がメッセージを表示しようとし、無人録画をブロックする可能性があります。


v5.35 : 2018年10月

  • 修正: 完全なライセンスキーを入力する際に問題が発生する FlashBack  Pro は試用モードです。
  • 修正: EXEエクスポートがフルスクリーンモードに入る、または終了する問題 Windows 10.


v5.34 : 2018年9月

  • FlashBack  Pro ユーザーにライセンス キーの入力が不要になった。
  • 修正: 非常に長いファイル名がクラッシュを引き起こす可能性があります。
  • 「選択したフレームの速度を上げる」機能のオプションに小さな修正。
  • ビデオトラックのメモリ使用を改善しました。
  • 修正: 「フレームの速度を落とす」機能は、一時停止しているオブジェクトに適用すると問題を引き起こす可能性があります。


v5.33 : 2018年7月

  • 修正: MSMF コーデックが選択されたときに、特定のディメンションの録画が MP4 にエクスポートできない可能性があります。
  • 修正: 以前の更新プログラムは、ライセンスを認識できない可能性があります。
  • 修正: [注釈] タブの一部のボックス内のテキストが正しく表示されませんでした。
  • DirectX を使用してパフォーマンスを向上させるために、既定のプレーヤー設定が変更されました。
  • ムービーにドラッグすると、[注釈] タブの一部のテキスト ボックスが正しく表示されませんでした。


v5.32 : 2018年6月

  • 修正: ウォーターマークがズームパン操作中に画面をオフにする可能性があります。
  • GDPR コンプライアンスの変更点
  • 更新プログラムの適用に修正
  • ASIO オーディオ ソースのユーザー向けの修正


v5.31 : 2018年5月

  • 録音を開始する前に警告を表示するように、正しく初期化できないオーディオ ソースのチェックを改善しました。
  • マイナーな修正と改善


v5.30.0 : 2018年3月

  • 修正: 4 つ以上あったときに、サウンドトラックを表示する際に問題が発生しました。
  • 修正: Dell PCにプリインストールされたASIOドライバが起動時にクラッシュする可能性がある
  • 修正: ウォーターマークのサイズが正しくなっており、EXE エクスポートに配置されています。
  • オーディオは「選択したフレームをスピードアップ/スローダウン」機能によってスピードアップまたは減速するようになりました。

v5.29.0 : 2018年1月

  • 修正: インポートされたビデオファイルのキーフレームに問題があります。
  • 修正: V5.28 で、QuickTime および MP4 形式へのエクスポートでオーディオが破損しました
  • 修正: 一定期間表示中にムービーを一時停止したテキストボックスをコピーして貼り付けた場合、一時停止はコピーされませんでした。

v5.28 : 2018年1月

  • ASIO オーディオ デバイスからのレコード
  • 修正: Web カメラが使用できない場合にクラッシュする可能性があります。
  • ローカライズされたバージョンの外観が向上します。 FlashBack  英語で走るとき Windows .
  • openh264 コーデックを使用して MP4 に書き出す際のオーディオ品質が向上します。
  • タイムライン バーのオブジェクトに色を付けます。
  • 修正: マイクと 'pc サウンド' サウンドトラックの間違った命名
  • MP4 および AVI エクスポート形式を追加 FlashBack  Express
  • 修正:レコーダーの「録音時に最小化」メニュー項目は、実際に「オフ」に設定されているときに「オン」に見え、その逆も同様です。

v5.27 : 2017年9月

  • 修正: 非常に長いフォルダパス名でFBRファイルを開くとエラーが発生しました
  • 修正:プレイヤーのクローズ時にクラッシュ
  • 修正: FBConnectアップロードエージェントによる起動時のクラッシュ
  • 修正: プレイヤーはセッション間で最後に開かれたフォルダを覚えきませんでした
  • 修正: レコーダーが Temp フォルダーに保存しようとした問題
  • 記録後のダイアログに「エクスポート」オプションを追加しました
  • 修正: 同じ名前の音源が原因で録音できない問題が発生しました
  • 30 に最大ウェブカメラ FPS を増加

v5.26.0 : 2017年7月

  • 修正: Web カメラのプレビュー ウィンドウが最初に表示されたとき、いくつかの Web カメラが正しく表示されない可能性があります。
  • 修正: WMV インポートで '0 による除算' エラーが表示される可能性があります。
  • 修正: ムービーに一時停止が含まれていた場合に Quicktime にエクスポートする際に発生する問題。
  • 修正: Express バッチ エクスポータは上位の WMV 形式のみをエクスポートする必要があります。
  • 修正: フレームが表示されていないフレームが選択されている場合、Webカメラを非表示にすることはできません。
  • MP4 エクスポートのスケーリング オプションを簡略化します。
  • 修正: いくつかの FBR ファイルのバッチ エクスポートでクラッシュします。
  • ウェブカメラの FPS の最大値を 30 に増やしました。
  • 修正: 同じ名前の音源が原因で問題が発生しました。
  • 8 Gb 以上の PC の録画が停止すると、録画がデフォルトで開かれるようになりました。
  • 修正: ファイル サイズの制限を使用すると、レコーダーは一時フォルダーに保存しようとすることができます。
  • 修正: '開く' 関数を使用する場合、プレーヤーは、以前に使用したフォルダーにデフォルトではありませんでした。

v5.25.0 : 2017年3月

  • 修正: Web カメラ キャプチャ コードの改善 (現在 MSMF を使用)
  • 修正: FlashBack  アップロードフォームを接続する - 映画の名前は「コピー」と「開く」リンクと重複する可能性があります
  • 修正: Web カメラが正しく初期化されていない場合、録画がフリーズする可能性があります。
  • ライセンスは、複数のインスタンスが次の場合に 1 回のみダウンロード FlashBack  実行されます
  • 8gb以上のRAMを搭載したPCに対してのみプレーヤーがプリロードされる
  • 修正: 日本語文字を含む音源名を録音用に選択できませんでした
  • 修正: MPEG記録モード品質レベル設定が保存されませんでした
  • ボリューム レベル コントロールのツールヒントを追加しました
  • 修正: FBAPI のヘルプ テキストは、TestAssistant でのみ使用可能であると誤って述べています
  • 修正: Win 32 SaveAs 関数で例外の回避策を追加しました
  • プレビュー録画用プレーヤーのプリロードをオフ/オンにするオプションを追加しました
  • 修正: オーディオ録音ソースがない場合、誤ったオーディオ形式が表示される可能性があります。

v5.24.0 : 2017年1月

  • 修正: 要求に関するメッセージ Express ライセンスは、実行中に表示することができます Pro

v5.23.0 : 2017年1月

  • Express 今すぐ '試してみてください Pro ' パネル
  • 保存されていない一時ファイルの処理方法を変更しました- これがファイルの破損を引き起こしている可能性があると考えられています
  • 修正: 挿入された MPEG ムービーの FPS が、挿入されたムービーと異なる場合に、さまざまな問題が発生する可能性があります。
  • 修正: 遷移の開始位置にオブジェクトが表示されるように、オブジェクトの遷移前の期間を変更すると、トランジションが正しく表示されない場合がある
  • 修正: ローテーションが有効にされたときに表示される不正な Web カメラのプレビュー
  • 非常に大きなムービーファイルのメモリ処理の改善
  • MPEG ムービーの EXE プレーヤーのパフォーマンスを向上
  • AVI ファイルのインポートで NV12 形式のサポートを追加しました。
  • リージョンのコマンド ライン記録では、領域選択ダイアログは表示されません。
  • 記録停止操作中に表示される進行状況フォームに問題の回避策を追加しました
  • 修正: デフォルト Windows オーディオ録音ソースが 'mic' リストに表示されませんでした。私たちは今、マイクリストにすべての非マイクと非PCスピーカーのソースをリストします。
  • 修正: 複数のモニターを持つ PC 上でコマンドラインから実行すると、モニター選択ダイアログが表示されなくなりました
  • 修正: GDI から MPEG 形式コンバーターに
  • 修正: トランジションを介してイメージをドラッグすると、特殊なケースでエラーが発生する可能性がある
  • 修正: MPEG トラックの FPS が FBR と異なる場合に MPEG ムービーにフレームを挿入すると、問題が発生する可能性があります。

v5.22.0 : 2016年10月27日

  • 修正: レコーダーウィンドウのレイアウトは、最大化して最小限に抑えた後に間違っている可能性があります
  • 修正: API の変更のため、YouTube にアップロードできませんでした

v5.21.0 : 2016年10月11日

  • ビジネスパーソナル ライセンスに関するメモを license.rtf に追加します。
  • ウェブカメラの記録ウィンドウから「ウェブカメラ」のタイトルを削除します。
  • 修正: サウンドクリップの描画が正しくない
  • 修正: 「ウェブカメラのみ」の録音は、もはや、記録が停止したときにレビュー/保存/破棄を求めるプロンプトを表示しません - あなただけを保存することができます。
  • 「オーディオで再同期波形」機能を実装。
  • 修正:迅速な削除、選択、再生がプレイヤーのフリーズを引き起こす可能性がある

v5.20.0 : 2016年9月26日

  • 修正: エラーを防ぐために一時記録ファイルを移動コピーするプロセスを改善しました。
  • ウェブカメラ画像を180度回転させるオプションを追加しました。
  • 修正: レコーダーはファイルで使用された最後のフォルダを覚えていない -> ムービーを開く機能を開く.
  • 修正: GDI -> MPEGムービー変換ユーティリティは、壊れた映画を作成していました.
  • 修正: 遷移の問題 – オブジェクトが遷移の最終フレームに入ったとき、および遷移キャッシュを更新する際。
  • 修正: テキストボックスとボタンスタイル名のユニコード文字が原因でエラーが発生しました。
  • 修正: クラッシュ追跡ファイルの処理効率を改善しました。
  • 修正: 録画が停止したときにレコーダーからレビューオプションが使用されていた場合、ムービーが Player で MPEG モードに変換する要求をトリガーした場合、これはプレーヤーのクラッシュを引き起こす可能性があります。
  • 高 DPI モニタの [概要]、[スプラッシュ]、[ようこそ] ダイアログボックスの改善
  • UI をレコードに移動します。 Windows そして、メインレコーダーウィンドウへの領域

v5.19.0 : 2016年8月25日

  • 修正: 2 つのプレーヤーのインスタンスでムービーが開かれないようにします。
  • 修正: 録音後にトレイアイコンまたは紫色のツールバーが反応しない可能性がある
  • Player でのレビューのために保存されていない記録を開くときの追加のチェックとフォールバック。
  • 修正: 「記録中にウェブカメラを表示」オプションがオンの場合、記録中はウェブカメラウィンドウが一番上になりますが、録画が一時停止しているときは一番上に表示されません。
  • 低メモリ使用量を設定し、PC が = を持っている場合に Player のプリロードを無効にします。< 2Gb Ram 2gb=""></ 2Gb Ram>
  • Nahimic のようなオーディオ仮想化ソフトウェアのオーディオの問題を修正
  • 録音が停止したときにレビュー/保存/廃棄記録にオプションを追加
  • 修正: ヘルプ ファイルに Player of Plus エディションからアクセスできませんでした
  • 修正: 「PCスピーカー」オーディオソースの低い録音レベルを設定すると、レベルがゼロに低下しました

v5.18.0 : 2016年8月11日

  • 修正: ズームパン効果を含む別のムービーに 1 つのムービーを挿入すると、アクセス違反が発生する可能性があります。
  • 修正: ユーザーが以前にレコーダーで「再生を求めないでください」設定を設定していた場合、Playerでの録音の即時の開始がブロックされる可能性があります。

v5.17.0: 2016年8月02日

  • 複数のウェブカメラを搭載したPCで、ウェブカメラの画像や問題を垂直方向に反転するなど、ウェブカメラに関する多くの問題を修正しました。
  • 既定では、トリミング領域はマウスに従わなくなり、領域の位置を変更できます。
  • 記録時メモの実装 Express 変更され、作成はできますが、編集できません。
  • FlashBack  アカウントの詳細を入力する代わりに、初回使用時に試用ユーザー用に自動作成されたアカウントを接続する
  • スクリーンショット機能の使いやすさの向上
  • スケジュールメニューとウィンドウメニューの追加を含むレコーダーメニューの変更
  • 無効なSkypeの録音レベル「ダッキング」 – Skypeは通話中にPCサウンドソースの録音レベルを変更し、会話の静かな「反対側」になります。
  • いくつかの問題を修正するオーディオコード(dllの代わりに「内部」コードを使用)に変更。
  • FBCmd.exe ユーティリティの問題を修正しました (BCBXE3 に移植して)
  • Express フラッシュ (廃止) と AVI (デフォルト) のユーザビリティの問題がない WMV へのエクスポートのみ Windows コーデックは、以前に使用されているフォーマットがひどいです。
  • 試用時に追加された透かしのサイズとスケールは、映画と一緒に増加しました。
  • 録音を停止すると、録音はプレーヤーですぐに開きます
  • 修正: エクスポート フォルダー パスが Unicode を正しく処理するようになりました
  • 自動更新機能の強化。更新プログラムはバックグラウンドでダウンロードされ、再起動時に更新が要求されます。 FlashBack

v5.16.0 : 2016年4月22日

  • 更新 Windows Vista 以降のサウンドレコーディングで使用される API。
  • ウェブカメラ記録では、DirectShow の代わりに MSMF API を使用します。 Windows
  • レコーダー UI は、高 DPI 画面に正しく調整します。
  • に警告を追加しました。 Windows サウンドレコーディングを有効にするためにメディアパックをインストールする必要がある'N'エディションのユーザー
  • 現在のムービーを閉じるためのショートカット ctrl-W を追加しました。
  • 修正: 'ムービーの速度を変更する' 機能は、選択したセクション内の任意のウェブカメラのビデオの速度を変更しませんでした
  • 修正: プロジュサ フォームの表示でアクセス違反エラーの修正が可能
  • 修正: オーディオ録音レベルメーターが動作しないことがあります (GetPeakValue は 0 を返します)
  • 「再生」アイコンを表示するように、デフォルトの「一時停止」画像を改善しました
  • 修正: バッチ エクスポートは、無効な AAC タイムスタンプが原因で、複数の FBR を処理するときに無効な MP4 を生成する可能性があります。

v5.15.0 : 2016年4月6日

  • 修正: カーソルの強調表示が境界線のない 'スポットライト' モードで正しくレンダリングされませんでした
  • 修正: 再記録カーソルの問題
  • 修正: 左側のパネルの表示が正しく保存されませんでした
  • インテル AAC エンコーダーを使用して MP4 エクスポートを向上
  • バッチ エクスポートに EXE 形式を追加します。
  • 修正: 「トリミングを永続的にする」操作中にブラー オブジェクトが正しくトリミングされませんでした
  • 修正: トランジションはゆっくりとレンダリングされ、再生を保留する可能性があります
  • 修正: PC スピーカーのオーディオ ソースが一部の PC に記録されませんでした
  • 修正: ウィンドウ 10 でウィンドウ領域が正しく記録されませんでした
  • 修正: 表面上のウェブカメラ Pro 4 オン Windows 10 は記録されませんでした

v5.14.0 : 2016年1月29日

  • 名前の変更 – "BB FlashBack    " の名前を " に変更する FlashBack    "
  • 修正 – オーディオコードでクラッシュ
  • 修正 - 透かしが重複する可能性があります
  • 修正 - いくつかのWMVビデオファイルを挿入できませんでした

v5.13.0 : 2015年12月8日

  • YouTube にアップロードすると、選択したフレームだけでなく、ムービー全体がアップロードされます。
  • Recorder でホットキーとして使用されている場合、「一時停止」や「休憩」などのキーがユーザー インターフェイスに表示されるようになりました。
  • 修正: 現在開いているファイルを開こうとすると、長い間一時停止しました。
  • 修正: 迅速な編集と保存がクラッシュを引き起こす可能性があります。
  • 修正: タイムラインのマウスオーバー時にサムネイル画像を表示すると、クラッシュが発生する可能性があります。
  • 修正: レコーダーは、デフォルトで録音の開始時に「ディン」の音を出さなくなった。
  • 修正: イメージオブジェクトをコピーペーストすると、最初のコピーに空の画像が作成される可能性があります。
  • ユーザー インターフェイス ラベルの配置が改善されました。 Windows は>100%のスケーリングモードです。
  • 修正: さまざまなメモリ リークと潜在的な問題。
  • 修正: マーカーを追加しようとするとエラー メッセージが表示されます。
  • 修正: YouTube のアップロードは、共有設定に関係なく常に非公開にされました。

v5.12.0 : 2015年11月19日

  • 修正: セカンダリモニターでのプレーヤーの最大化の問題
  • メニュー項目の追加ショートカット キー
  • 修正: 場合によっては、元に戻す操作がエラーを引き起こす可能性があります
  • 修正: タイムスタンプによって発生する mpeg ムービーにフレームを挿入する際の問題
  • 修正:1つのフレームに複数の休止を作成することが可能でした
  • 修正: オブジェクトの持続時間が誤って'スローダウンフレーム'操作によって拡張
  • 破損したテキストボックスからテキストデータを回復します
  • 150% のスケーリングで Win 7 でラベルのサイズと配置を修正
  • 修正:編集と迅速な保存がクラッシュを引き起こす可能性があります
  • いくつかの状況でAVを引き起こす可能性のある描画コードを強調表示するための修正
  • 修正: 非表示のウェブカメラトラックを含むFBRを挿入するとクラッシュする可能性があります

v5.11.0 : 2015年10月8日

  • 新しい選択が行われたときに'ループ再生'の設定はオンのまま
  • 修正: YouTube API の変更により、ユーザーはアップロードごとにアクセストークンを取得する必要があった
  • EXEのエクスポートを1/2、1/4、x2、x4の速度で再生できるようになりました
  • 修正: MPEGムービーのエクスポートでフレームが誤って注文される可能性がある
  • 修正: XVid AVi コーデックの一部のバージョンでは、特定の寸法のムービーをエクスポートできません。
  • 修正: ユーザーがムービーを保存するアクセス権に関するエラーを表示する可能性があります。
  • 修正: YouTubeのアップロードでクラッシュ
  • 修正:フルスクリーンモードでFlashエクスポートを再生するとき、インタラクティブボタンは時々クリックを検出しませんでした
  • 修正: いくつかのコンポーネント間の競合 (XML 設定、XMLParser、BBLogSysClient) は、起動時にクラッシュを引き起こす可能性があります

v5.10.0 : 2015年7月20日

  • 修正: MP4 のエクスポートは、エクスポートの寸法に応じて、右側に黄色の線が表示されるか、下部に白い線が表示される場合があります。
  • 「ビデオファイルをに変換」を使用してFLVファイルをFBRに変換できます。 FlashBack  映画の機能
  • 修正: マルチモニターシステムで記録する画面を選択すると、画面が正しく暗くなった
  • 修正: エクスポートされた GIF でのループの誤り
  • 修正: LAMEエンコーダは、オーディオを保存するAVを引き起こす可能性があります。FPU の回避策を追加しました
  • ライセンスなしで 1 日実行できます。


v5.9.0 : 2015年7月1日

  • 修正: クラッシュ追跡 XML ファイルをクリアしないことによって、起動時間が長くなる可能性があります。
  • 修正: ビデオの挿入操作をキャンセルすると、メイン ウィンドウが応答しなくなったように見えるダイアログボックスが表示されます。
  • 「ライセンスキーを入力」ダイアログの様々な改善。
  • 修正: リージョン記録で小さな領域が定義されないようにします。
  • 可能 FlashBack  試用ライセンスを接続する

v5.8.0 : 2015年5月22日

  • 修正:地域またはウィンドウ録画時 Windows >100%のスケーリングを使用していた場合、正しいリージョンが記録されませんでした
  • 修正: ボタンオブジェクトを含むムービーからテキストをエクスポートできませんでした
  • MP4 の openh264 サポートを追加しました
  • 修正: XML 解析の問題
  • 修正: 'ライセンスキーを入力' ダイアログの間違ったテキスト Express

v5.7.0 : 2015年4月21日

  • 修正: msvc80.dll を持たない一部の PC で発生する可能性のある問題
  • 修正: 壊れたカーソルデータは、exeのエクスポートがクラッシュする可能性があります
  • ライセンスなしを実行するオプションを削除しました
  • 修正: GDI+ APi コールによるプレーヤーの起動時にクラッシュ
  • '修飾子'キーストロークを記録するオプションを追加 Shift, Alt, Ctrl
  • 修正: FlashbackConnectへのスクリーンショットのアップロードで、間違った名前がアップロードダイアログに表示されました
  • 修正: フレームの選択を書き出すときに、終了フレームの値を入力すると、開始フレームの値がクリアされます。
  • 修正: 保存してからRecorderから録音を開く日時が自動的にファイル名に追加されたときに動作しませんでした
  • 修正: 一部の画像から境界線を削除できませんでした

v5.6.0 : 2015年3月13日

  • デフォルトの「IPP」レンダリングを使用する場合の再生中のCPU使用率を削減
  • レコーダーのサイズ制限機能を使用する場合、記録の保存速度が向上します。
  • 修正: 再販業者 ID がbbflashback-keys.comドメインに正しく渡されませんでした
  • 修正: WMV エクスポートが 「浮動小数点例外」でクラッシュする可能性があります。
  • 修正: 中央のツールバーのボリューム コントロールがウィンドウの幅に正しく調整されていないため、部分的に非表示に可能性があります。
  • 修正: アップグレードリンク Express スプラッシュ ダイアログが空である可能性があります。
  • でムービーを上書きする機能を追加します。 FlashBack  アップロードするたびに新しい接続を作成するのではなく、接続する
  • 修正: ムービーのオーディオトラックがクリップに分割されている場合、エクスポート時にクリップを繰り返すことがあります
  • 記録ファイル名に日付を含める場合に、異なるフォーマットのオプションを追加しました
  • リセットする機能を追加しました FlashBack  [既存のアカウントを使用] オプションを選択した場合にアカウントのパスワードを接続する
  • で映画にマーカーを追加する機能を追加しました Express 版
  • 修正: インポート時に一部の MP4 ファイルを > x1 速度で再生
  • 修正: YouTube に共有する選択 FlashBack  代わりに接続する
  • 修正: 'へのアップグレード Pro または標準のダイアログ Express に設定されている場合は、[アップグレード] リンクが空白である可能性があります。

v5.5.0 : 2015年2月9日

  • > x1スピードで再生するときに音を自然なピッチに戻す
  • スクリーンショットを送信する機能を追加します。 FlashBack  接続
  • 修正: EXEプレーヤーを開くときに、EXEのエクスポートでクラッシュ
  • 修正: 一部の PC では、ビスタコアサウンドアピラップ.dll の起動時にプレイヤーがクラッシュする
  • 修正: Powerpoint 形式へのエクスポートは、0 バイトのファイルを作成できます。
  • ファイル名に日付と時刻を追加する機能を追加します。
  • 修正: ヘルプ ファイルを開くことができませんでした。 Express
  • 修正: 一部の映画でローカライズのためにRTFにテキストをエクスポートする際にクラッシュ
  • 修正: 設定がクラッシュする場合 '記録ウェブカメラのみ' と '記録中にウェブカメラを表示' 設定は両方がオンになっている.
  • ライセンスなしを実行しているときにレコーダーのタイトルバーに「ライセンスなし」のテキストを追加して、ステータスを明確にします。
  • 修正: ムービーを保存した後、大きな画像オブジェクトが消える可能性があります。
  • 多くのキーを押すムービーを開くときのパフォーマンスが向上します。
  • 領域記録が開始される前に赤枠をドラッグできるようにします。

v5.4.0 : 2014年12月19日

  • ウェブカメラビデオストリームの他のプロパティを表示します(例: FPS)
  • 停止時間の代わりにスケジュールされた録画の期間を指定できるようになりました
  • 修正:いくつかの映画(MPEGモードで記録されたもの)でフレームをスピードアップすると、マウスのクリックがビデオと同期しない可能性があります
  • 修正: プレーヤーの左側のペインで、キーログタブのヘルプボタンが他のタブに表示される可能性があります
  • 修正: ムービーが Player とは別のウィンドウにあるときに[ようこそ]ウィンドウからムービーを開くと、エラーが発生しました。
  • 修正: キーバーに矢印キーが正しく表示されない
  • 修正: 一部のダイアログ ボックスは、デュアル モニター間で分割表示できます。
  • 修正: ドラッグ選択時のフレームバースクロールが速すぎました
  • 修正:録画を停止する時にクラッシュ
  • レコード領域を定義するときにメインの [レコーダー] ウィンドウを非表示にします。
  • 修正: アップロード時に「アップロード初期化」が長時間表示される可能性があります。 FlashBack  接続
  • 変更時にアップロード・リストがクリアされる FlashBack  アカウントを接続する

v5.3.0 : 2014年10月31日

  • 修正: クロップドムービーのアップロード FlashBack  接続の結果、誤ってトリミングされたムービーが作成されました
  • 修正: ムービーが読み込まれていないとクラッシュが発生したときに左側のペインの項目をクリック
  • 修正: スケジュールされた録画開始と終了時間のコントロールが正しく描画されませんでした

v5.2.0 : 2015年10月14日

  • 修正: YouTube 認証コードが受け入れられません FlashBack  これは、最初の使用時にアカウントに認証できないということを意味します。

v5.1.0 : 2014年10月6日

  • 修正: 3つのモニターシステムでのリージョン録画は、開くことができなかった映画を生成することができます。
  • 修正: Flash形式へのバッチエクスポートでクラッシュ
  • 録音時のオーディオレベルの自動調整、低すぎると検出された場合

v5.0.0 : 2014年9月16日

主な追加:

  • と簡単に映画を共有します。 FlashBack  接続 (ベータ版 – Pro および標準購入者のみ)
  • 新しいユーザー インターフェイス
  • パスワード保護ムービー
  • 映画のローカライズが容易:映画は複数の言語を含めることができ、テキストをインポート/エクスポートできます
  • 「拡大鏡」効果を追加する
  • 他の多くの小さな改善と修正

バージョン 4

バージョン 4.1.20 

  • 修正: 古い Youtube API を使用して、アップロード エラーが発生しました。

バージョン 4.1.19 

  • 修正: クラッシュ追跡ログファイルの問題により、ムービーの読み込みがフリーズする可能性があります。

バージョン 4.1.18 

  • 4.1.17でライセンス管理の改善を修正しました。

バージョン 4.1.17 

  • アンインストール時にライセンスサーバーからライセンスを削除することで、ライセンス管理を簡素化します。

バージョン 4.1.16 

  • 無効なライセンスや悪用されたライセンスがないかオンラインでチェックするようになりました
  • 修正: Web カメラを記録すると、"ゼロ除算" エラー メッセージが表示される可能性があります。
  • 修正: 全画面モードで Player を実行すると、いくつかのボタンが動作しなかった
  • 修正: 誤った既定の保存フォルダー
  • 修正: オーディオトラックなしでムービーを作成することができ、FPUの使用に問題を修正

バージョン 4.1.15 

  • 修正: ムービーを保存するときにアクセス権に問題がある

バージョン 4 の新機能

  • トランジションを追加して、ムービーのある部分から別の部分にスムーズにフェードを作成する
  • ギャラリーとの間でオブジェクトをドラッグして、より簡単に再利用できます。
  • GIF 形式でエクスポート
  • 映画のぼかし部分
  • 録音時にメモを作成し、録音でそれらを見ます
  • そして、他の多くの小さな改善

バージョン 3

バージョン 3 の新機能:

  • 新しいレコーダーウィンドウは、最も使用されるオプションを表示し、より高速な記録を可能にします。
  • プレゼンテーション オブジェクトを操作しやすくするために、Player のフレームバー インターフェイスを強化しました。
  • 映画に矢印を追加する
  • ムービーに透かし画像を追加します。
  • サウンド処理:ノイズ除去と、ムービーのボリュームを圧縮および正規化するためのオプション。
  • 映画の先頭と末尾に 「タイトル」を追加します。
  • ビデオファイルをムービーに挿入します。
  • フレームを挿入するのではなく、一時停止オブジェクトによって処理されるムービー内の一時停止。
  • Flash-FLV エクスポートには、「クリックして続行」ボタンなどのインタラクティブオブジェクトを含めることができます。
  • スケジュールされた録音。
  • アップルデバイス(iPod、iPad、iPhone)は、MPEG4形式と互換性のあるエクスポート。
  • テキスト ボックス内のリッチ テキスト。
  • 非表示のキーストロークを自動的に表示します。
  • フェードサウンドの出入り。